長期のトラックドライバーのデメリット

交代制勤務を担当する場合は体を壊すリスクが高くなる

長期のトラックドライバーは、高収入を得やすいことやスキルアップに繋がりやすいといった魅力があるものの、生活時間が不規則になりやすく仕事の疲れが翌日以降も残ってしまう人も多くいます。特に、長距離ドライバーとして夜間や早朝の勤務を担当する場合には、年齢や生活スタイルによって、身体を壊すリスクが高くなる傾向があるため、職場選びの際に十分に注意を払うことが重要です。最近では、長期のトラックドライバーの業務負担を軽くするため、労働時間や休憩時間の見直しをする会社も増えてきています。一方で、依然として人員が不足している中小規模の運送会社などではドライバーのハードワークが常態化しているため、求職中に慎重に会社ごとのドライバーの働き方を知ることが大切です。

希望通りに毎月の休みが取れない会社が多い

長期のトラックドライバーは、派遣やパートなどのドライバーと比較すると待遇の面で恵まれているものの、希望通りに毎月の休みが取れないという悩みを抱えている人が少なくありません。例えば、大型連休やお盆休み、年末年始などの道路が混雑しやすいシーズンには、休憩時間を確保するのも難しくなることもあり、オーバーワークを理由に離職を考える人もいます。そうしたトラブルを解決するには、ドライバーの人員配置が適切なところや、経験豊富な運行管理者がいるところを就職先に選ぶことがおすすめです。また、採用後の条件のミスマッチを防ぐために、面接の際に月々の平均的な休日の日数や残業時間について詳しく話を聞いてみると良いでしょう。

トラック運転手の求人では、運転するトラックの種類に応じた運転免許の資格が必要となります。求人に応募する際には、自分の持っている資格を確認しておくことが大切です。