正社員のトラックドライバー求人の選び方

トラックドライバー求人を選ぶ際に注意するべきポイント

トラックドライバーは長距離を運転して重労働、条件も悪く家に帰れないというイメージから、あまり良い印象の仕事ではなく求人も比較的多くあります。その中から、働く会社を選ぶ際に注意するべき点は主に3点です。1つ目は福利厚生がしっかりしている会社を選ぶことです。トラックドライバーの仕事が未経験の場合、「雇ってくれるのなら、どんな会社でも」という思いで会社を選ぶと後悔しますのでやめましょう。2つ目は各種の免許取得応援制度がある会社を選ぶことです。大型運転免許などは個人で取ると費用がだいぶかかりますので、支援してくれる会社を選ぶとよいでしょう。

3つ目は下請け会社ではなく、荷主や元受けの会社を選ぶことです。運送業は荷受けから元受け、下請けと順番に運賃が下がります。会社と選ぶ際には下請けよりは元受け、元受けよりは荷主の方が従業員の待遇が良くなります。

トラックドライバー求人の見極め方

数多くあるトラックドライバーの求人のなかで、頻繁に求人が出ている会社は離職率が高いという意味でもありますので、良い求人とはいえません。労働条件がきつかったり過重労働や実際の休日が少なかったりすることが多いです。また、平均の給与よりも高給な条件の求人にも要注意です。平均より給与が高いということは、仕事の内容が他よりきつい可能性が高くなります。実際の休日が少なかったり過重労働をさせられたりすることも少なくありません。もしかしたら残業代も含んでの給与体系かもしれませんので、よく確認することが大切です。

さらに、会社の外観が小さなプレハブだったり求人広告の写真がトラック中心で建物が写っていなかったりする場合は、良い会社とは言えませんので注意が必要です。ただし、大手運送会社の各地営業所である場合は、例外となります。