長期のトラックドライバーのメリット

日々の業務と研修を通じて運転技術や接遇マナーの向上を図れる

長期のトラックドライバーは、責任の重い仕事を任されたり、希望通りに休日や休憩時間を取れなかったりすることもありますが、働きながら運転技術や接遇マナーの向上を図れるといった大きな魅力があります。特に、全国各地に営業所を構える運送会社にドライバーとして就職をする場合には、各地の高速道路や一般道路の事情を把握できたり、定期的に仕事に役立つ業務研修を受けられたりすることがあります。そのため、ドライバーとしてのスキルを高めるうえで、早いうちからドライバーの教育に力を入れている運送会社の取り組みに目を向けることが大切です。また、長期のトラックドライバーとして働いたことがない人は、入社後に一定期間上司や先輩のドライバーにフォローをしてもらえる会社を選ぶと良いでしょう。

正社員になれば年齢や性別に関係なく高収入を期待できる

長期のトラックドライバーの雇用形態はさまざまですが、業績が良い運送会社で正社員になることで年齢や性別に関係なく高収入を期待でき、定年まで不安なく働き続けることが可能です。トラックドライバーが不足している運送会社の中には、ベテランばかりでなく未経験者の採用に前向きなところも多くあり、一からドライバーの業務を覚えられる環境が整いつつあります。また、首都圏などの都市部に営業所を構える運送会社をはじめとして、正社員のドライバー確保のために従来よりも基本給や手当の金額をアップしているところも目立ちます。そのため、待遇の面で不満なく働きたい人は、余裕を持って各社の長期のトラックドライバーの求人の条件を比較することがおすすめです。

所定の店舗を巡回するルートドライバーや距離の長短、大型や大型特殊といった免許種別によるトラック運転手の募集があります