正社員のトラックドライバーのメリット

業績が良い会社に入社すればリストラや収入減の心配なく働ける

正社員のトラックドライバーは、時間の管理能力や体力が必要となりますが、業績が良い会社に入社すればリストラや収入減などの心配をすることなく長く働けるといった利点があります。最近では、事業拡大や若手のドライバー確保など様々な目的で求人募集をしている運送会社の数が増えているため、余裕を持って気になる会社の求人票をチェックすることがおすすめです。また、正社員のトラックドライバーの待遇は会社ごとにバラつきがありますが、長距離ドライバーなどある程度のスキルや経験が求められる職種については、入社後すぐに高収入を得られるケースもあります。そこで、運送業界でキャリア形成をするうえで、妥協をせずに待遇の良し悪しにこだわって職場探しをすることがおすすめです。

本格的に勤務を開始する前に充実した業務研修を受けられる

正社員のトラックドライバーを積極採用している運送会社の中には、入社後の早期離職を防ぐために、新人研修に力を入れているところが多くあります。特に、20代や30代の若手のドライバーは、会社によって本格的に勤務をする前に充実した業務研修を受けられたり、先輩のドライバーに仕事の取り組み方について教えてもらえたりすることもあり、無理なく仕事を始められる状況となっています。また、ドライバーを対象とした業務研修の期間やテーマについては会社ごとに違いが見られます。そこで、トラックドライバーの仕事を始めてから後悔しないようにするには、運送業界の就職フェアなどに参加をして、人材育成に力を入れている会社を見極めることが重要です。